NEW POST

Four des Navettes マルセイユの伝統菓子ナヴェット

 ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

Bienvenue sur le blog de Madame Emiko
   マダムエミコのブログへ、ようこそ

 ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

みなさまBonjour!
今年も12月に入りましたね。
早速クリスマスツリーを飾り、クリスマスリース作りのレッスンに参加したりと、
サロンをNoël仕様に致しました、マダムエミコでございます。

今年のクリスマスリースのテーマは「フェアリー」でございました。

c0097611_1254594.jpg


12月はフェアリー・リースと共に、皆様のお越しをお待ちしておりますね。
一足お先にリースをお披露目したお友達には、大好評でした。
先生、今年も素敵なリースをご指導くださり、ありがとうございました。

さて、先日のお食事の続きを、、、
c0097611_1305584.jpg

Le Petit Nice Passedat
(ル・プティ・ニース・パセダ)は
マルセイユの海外ん沿いに立つ
邸宅のようなホテル




デセールは、青リンゴを使ったさわやかなお味の1品
c0097611_130452.jpg



吸い込まれそうな地中海、心地よすぎて眠ってしまいそう(笑
c0097611_1303155.jpg



シエスタを我慢して、丘の上にあるバジリカ聖堂へ
c0097611_1311210.jpg

港町マルセイユ
中央には船が描かれております


c0097611_13147.jpg

お写真左側に、
天井から連なる船の模型は
航海の無事をお祈りするものです


翌朝は早起きして、お菓子愛好家としては外せない場所へ
マルセイユの伝統菓子ナベットのお店、
Four des Navettes フール・デ・ナヴェットを訪ねました♪

お店の外に建てられた、ご案内板を読んでみましょう
c0097611_13301373.jpg

1781年の創業の
マルセイユで
最も古いパン屋さんで、


こちらで作られるナヴェットは、2月2日のキャンドルマスのお祝いのために頂くお菓子
聖マリアたちをサン・マリーへと運んだ船の形なのだそうです。
フランスではクレープを頂くというお話は聞いたことがありますが、
ここマルセイユでは、このナヴェットなのですね。

観光客の皆様、お店の場所がいまいち分からなくってもご心配なく~!
c0097611_13302435.jpg


お店に近づくにつれて、Eau de fleur d'oranger (オレンジの花の水)の香りが
じわりじわりと強くなり、香りがお店へと導いてくれますよ。 素敵でしょう?

c0097611_13303460.jpg

お店に入ると
大きな釜があり
焼きたての
ナヴェットが並んでいます

現地の方は、
紙袋にぎっしり詰めて
おられました


マダムエミコはお教室の生徒様へのお土産用に、大きな缶に詰めて頂きました。

日本ではあまり馴染みのない、オレンジの花の水ですが
フランスでは、お菓子やお化粧水、香水などにも使われます。
ちなみにマダムエミコが愛用しているお化粧水も、オレンジの花の水の香り♪

c0097611_1347439.jpg

Fancoise Morice
フランソワ―ズ・モリスの
ローション48


フランソワ―ズ・モリスはクレンジングミルクもお薦めですわよ♪
寒さと共に、お肌の乾燥もピークを迎える冬、保湿に励まなくてはっ!

加湿器ガンガン、マダムエミコのお教室はこちら
Atelier Dupleix
[PR]
by atelier_dupleix | 2009-12-01 14:22 | Voyage 旅

お菓子教室主宰       マダムエミコのBlog


by atelier_dupleix